寒暖差もあり乾燥するこの季節。
喉もイガイガし、風邪を引いたかも と感じる読者の方も多いのでは?せっかくの春休みも微妙な体調だと楽しみも半減…。


そんなときにとっておきのフルーツが、なんと ラ・フランス(洋梨)!

喉の炎症を抑え、身体に溜まった熱をさげてくれる働きもあり、風邪気味の際に食べる方もいるみたい!また、肌や髪の毛、爪などに潤いを与えてくれる、女性に嬉しい効能も♡

ジューシーなラ・フランスをそのまま食べるのももちろんおいしいけれど、ちょっぴり工夫すれば、ジャムや前菜などにも変身!多様に使えるこのフルーツで冬に最適なコンポートをチャレンジしてみてはどうだろう?

◆ 材料 ◆

・ ラ・フランス 2個
・ お水 625ml
・ 砂糖 196g
・ ラム酒 94ml(子供やお酒が苦手な方には、ラム酒の量を減らしてOK)
・ バニラオイル 2.5ml



◆ 作り方 ◆

1. ラ・フランスの皮をむく
 このとき、下のへたの部分も取りのぞく
2. 鍋にお水、砂糖、ラム酒、バニラオイルを入れ、中火で温める
3. 砂糖が溶けたのを確認したら、ラ・フランスを入れる
4. ふたをして40分弱火で煮詰める
5. 爪楊枝や竹串などで刺してみて中まで火が通ったか確認できたらOK

冷たくなったコンポートをいただくのが通常だけど、出来立てアツアツも実はおいしい!キャラメルソースやチョコレートソース+バニラアイスクリームとの相性が抜群♡

冷やしてから食べたい方は、粗熱をとったあと、洋梨がシロップに浸かるぐらいの容器(タッパやビンなど)に入れて冷蔵庫に入れてね。翌日になるとシロップがより染み込み、味が濃厚に!

細かく刻んでヨーグルトに入れたり、パンケーキにホイップクリームと一緒にのせるのもオススメ!


ラム酒がほんのり香るちょっぴり大人なテイスト。甘党でない方でもこれなら食後のデザートにぴったり!

少し時間に余裕のある休日などに是非作って、いつもとは違うスイーツタイムをエンジョイして♪

写真:Instagram
文:CELESY Writer & Ambassador Lisa