今メディアで話題の“ファスティングダイエット”とは、海外モデルや日本でも多くの芸能人がチャレンジしているという大人気のダイエット法。

では、その方法とはいったいどういったものか?簡単なやり方と、大敵である空腹感の対処法をご紹介!


ファスティングダイエットとは


まずは「そもそもファスティングダイエットって何?」という疑問にお応えすべく、その方法を簡単にご紹介。

ファスティングダイエットとは、断食・絶食を用いたダイエット法のこと。
目安としては1か月の間に2日~6日間、固形物を摂取しないというもの。それにより腸内環境を清浄化させ、新陳代謝の向上、体質改善が目的となる。

また、断食中に摂取可能となるのは、水、酵素を含むドリンク、野菜ジュース、野菜スムージーなどが主流。

ファスティングダイエットと同様に話題となった、酵素ドリンクについては、このダイエット法においては特に重要な栄養素となる。

そして、このダイエットを始める前には、下準備として体を慣らしておくことも必要。開始前日の食事は腹6~8分目を目安にとどめておくこと。

ダイエットが終了してからは、すぐに食生活を元に戻さず、回復食と呼ばれる消化にいいもの(お粥・スープ・ヨーグルトなど)をしっかり摂取することで、リバウンド防止に効果アリ!


断食の大敵!空腹感との戦い


ファスティングダイエットでは、数日間固形物を口にできないことから、もっとも危惧されるのは激しい空腹感。

特に開始2日目以降からは、四六時中食べ物のことばかり考えてしまうなんて事もしばしば。その対処法についてもご紹介!


酵素ドリンクは強い味方


ダイエット期間中に摂取可能とされる酵素ドリンク。
これは摂取可能というより、ファスティングダイエットにおいては、必要不可欠ともいえるもの。固形物NGの期間中、体に必要な栄養素を補う役割を果たしてくれます。

空腹感から目眩やフラフラしてしまうなど、実際に影響が出るようであれば、まずこの酵素ドリンクの量を増やしてみて!

目安としては、通常、朝・昼・晩と食事の代わりに酵素ドリンクを飲む以外に、その合間の時間で酵素ドリンクを摂取すること。


水は1日2リットル


このダイエットの目的は、腸内環境の清浄化、新陳代謝の向上と上記でも説明しましたが、それに必要とされるのは水。

若干の空腹感であれば、水を多く飲み空腹感を紛らわすことも必要。1日2リットルを目安に、どんどん水を飲んでみて!

またそれだけの水を飲むことによって、排尿の回数もおのずと増えるもの。それによって、体内に蓄積された無駄な養分、毒素の排出も助ける効果もアリ。

さん(@smoothie_world)が投稿した写真 -



野菜スムージーで食事感を


摂取可能となる野菜スムージーは、このダイエットではかなりオススメ。
作り方も簡単で、水や酵素ドリンクとは違い「食べている感」が持てることから、ダイエット持続のかなめに。

作り方は、好きな野菜や果物を少量の水と一緒にミキサーにかけるだけ。野菜のザラっとした舌触りや、どろっとした重量感が、食事に近い感覚をもたらしてくれる。

ただし、注意が必要なのは、果物を多く摂りすぎないこと。果物に含まれる糖の量は意外と多いので、1回のスムージーを作る場合、果物は1種類2~3切れの量を心がけるべし!

おわりに

話題のファスティングダイエットについて、そのやり方と大敵である空腹感の対処法についてご紹介しました。いかがでしたか?

断食・絶食と聞くと、「絶対ムリ!」「辛そう!」なんて懸念もありますが、正しい方法で自分の体と相談しながら無理なく実践することで、太りやすい、なかなか痩せないなんて体質の改善に期待大!

まずは2日間から、健康でスリムな体を手に入れるために、上記の項目を参考にぜひチャレンジしてみて!

写真:Instagram
文:CELESY Writer 菜都未