ダイエットでも、元の体質によりたとえ同じことをしても、その効果は人それぞれ。そんな体質自体を改善しながら、シェイプアップができるのが、ストレッチダイエット!

柔軟な体を手に入れて、体質改善をしつつ魅力的なボディラインを手に入れるには最適なストレッチダイエットについて、今回は「お家で簡単にできるシェイプアップ法」をご紹介!

さん(@victoriassecret)が投稿した写真 -


1.腰のくびれストレッチ

女らしさのアピールとなる腰回りを、きゅっと絞るようなストレッチ方法で魅力的なラインを手に入れましょう!

まず両足を肩幅より少し広いくらいに開いて、両手を脇を開いてガッツポーズの形で顔の両サイドに開く。

その形から、左右の腰を曲げた肘に付けるように縮める。ポイントは息を吐きながら、脇の腰をギュッと絞ること。うまくできていれば、自然にかかとが上がり、腰に圧迫感を感じるはず。

これを両サイド、5秒で縮めて5秒で伸ばすをくり返し15セット。普段使われない両脇の腰の筋肉を刺激し絞ることで、女性らしいくびれを作ってくれる。

次に床にあぐらをかくように座り、胸を張るように背筋を伸ばす。片方の手を真上に伸ばして、上半身を上げた手の反対側にゆっくり曲げていく。ポイントは上半身を曲げる際に猫背にならないように注意すること。

ゆっくり息を吐きながら、上半身を曲げて、曲げきったところで8秒ほどキープ。呼吸を整えながら元の位置に戻し、今度は左右反対も同じように行う。

この2種類のストレッチで、きゅっと引き締まった腰のくびれを手に入れられるほか、ストレッチによるインナーマッスルへの刺激で、よりダイエット効果をアップさせることも可能に。

(@victoriassecret)が投稿した写真 -


2.脚痩せストレッチ

ほど良い筋肉できゅっと引き締まった脚は、思わず男性が目を奪われる注目ポイント。人気のストレッチダイエットで、スリムな脚を手に入れましょう!

まずは両足を肩幅より少々広めに開いて、つま先は正面から45度ほど外側に広げる。その状態から左右どちらかの脚に体重をかけ、体重をかけた方の膝を軽く曲げる。

上半身を背筋を伸ばした状態で体重の掛かっていない方の足に向かってゆっくり倒していく。遠い方の手は、真上に伸ばして耳の横につけて倒すと、バランスがとりやすい。

上半身を曲げきったところでゆっくり息を吐きながら8秒キープし、上半身を元の位置にゆっくり戻す。これを左右交互に10セット。

次に、床にあぐらをかく形で座り、背筋をしっかりと伸ばす。その状態から、左右どちらかの脚を伸ばし、できるだけ外側に広げる。

その状態から、伸ばした方とは逆の手を真上に上げ、耳にぴったりとくっつけた形のまま伸ばした方向に上半身を倒していく。息を吐きながらゆっくり体を倒すことがこのストレッチのポイント。

この時曲げている方の脚の膝が床から浮いたり、伸ばしている方の脚の膝が曲がらないように注意。呼吸を止めずに太ももの筋を伸ばしていることを意識しながら行うことが重要。

さん(@victoriassecret)が投稿した写真 -


3.二の腕ストレッチ

薄着になるこれからの季節、たぷたぷした二の腕を引き締めるのにも、ストレッチダイエットは効果絶大。

まず、背筋を伸ばした状態で立ち、脚を肩幅に開いて、つま先は正面を向くようにし、両手の力を抜いてさげる。そこから、両手を後方へぐっと引き、8秒キープ。そのままの状態で脇に力を入れて締め、また8秒キープ。これを10セット。

特に二の腕を意識しながら脇をしめて、刺激を与えることが重要。呼吸を止めずに、しっかり吸っては吐くを繰り返すこともポイント。

次にまっすぐ立った状態で両手を左右に開き180度開ききった形に。そのまま肘を直角になるように曲げて、肩をぐっと下げるように肩甲骨を下に引っ張る。その状態を16秒キープ。これを3セット。

このストレッチはいきなりトライすると、首筋を痛める可能性もあるので、十分に首周りをマッサージしたり、事前に伸ばして慣らしておく必要もあり。

おわりに

自宅で簡単にできるストレッチダイエットについて、3タイプの方法のご紹介、いかがでしたか?

ダイエットの効果を十分に習得するためには、まず痩せやすい体を作ることがキーポイント。そのためにも、ストレッチダイエットはぜひ挑戦するべき!

写真:Instagram
文:CELESY 編集部