女性にとっては、人生の課題とも言うべきダイエット。食事制限や運動、サプリメントやエステなど、お金も時間も掛け、自分を磨きあげるべく、数々の苦難を乗り越えてきたはず!

しかし、どうしてもダイエットが継続できずに、気がつけばリバウンド……。いつの間にか体に戻ってきた脂肪に落胆する人も多いはず。

そんな今回は、「リバウンド後に取るべき手段」について大特集!体系が元に戻っちゃった、またはダイエット前よりも体重が増量しちゃったなんていうリバウンドを経験した皆様へ、ぜひオススメしたい方法をご紹介。要チェック!

が投稿した写真 -


1.鏡で自分の姿を見る

ダイエット後にリバウンドする原因として、もっとも強いのは、ダイエットによりある程度体を絞ることに成功したことに油断してしまったことによるもの。

「これだけ痩せたからデザートくらい食べても平気」「あんなに頑張ったんだからちょっとくらい贅沢しちゃおう」なんて経験があるはず。リバウンドを引き起こすのは、まさにそういった油断が原因。

もちろん、長い時間と労力をかけたダイエットは、並大抵の努力ではできないもの。時には自分にご褒美をあげなければ、続かないのも事実。しかし、そのご褒美の回数が徐々に増えてしまい、気付けばリバウンドを繰り返してきたという方も少なくないはず。

そんな自分の弱さ、甘さを自覚させるためには、リバウンドした今の自分を直視することが重要。鏡の前に立ち、しっかりとリバウンドしてお肉のついてしまった体のラインを見て、自覚することが大切。

せっかく痩せたのに、努力したのに、つい油断してしまったからこの体系に戻ってしまったと、自分に言い聞かせるため、現実を直視し、モチベーションをダイエットの方向へ上げていく準備を。まずは自分の意識改革から始めるべき。


2.簡単な制限から

ダイエット後リバウンドしてしまった場合、焦って元の体形に戻そうと、過度な運動や乱暴な食事制限をする方もいるでしょうが、それは絶対にNG行為。

リバウンドした状態からの急激なダイエットは、体調を崩すほか、体が痩せることに対し敏感に反応し過ぎるため、少量の食事でも普段以上にカロリーを摂取しようとしてしまい、痩せにくい体になってしまう恐れも。

リバウンドしてしまった場合は、まず簡単な制限ダイエットから徐々に体を慣らしていくことが重要。

たとえば、間食をなくしてみたり、飲み物をお茶や水だけにしてみたり、軽いウオーキングやストレッチをしてみたりなど。

ダイエット後リバウンドするまでの間で代謝が落ちている分、この段階での体重の減少は望めませんが、大切なのは痩せる体を作ること。そのための準備体操と捉え、まずは無理のない簡単なダイエットに着手すべき。


3.目標を設定

ただ「痩せたい」「キレイになりたい」という抽象的な目標だけでは、ダイエットのゴールがない状況となり、継続は難しくなるもの。それによって目標を失い、いつの間にかリバウンドしてしまうという結果にもなりかねない。

そんな失敗を繰り返さないためにも、リバウンド後はダイエット再開について、具体的な目標を設定することがポイント。

たとえば、デニムのサイズを2サイズダウンさせるや、ビキニを着れるようになる、体のラインがはっきり分かる服を着れるようになる、ウエストを何cmにするなど。

特に数字を具体的に出すことが、よりダイエットを成功させる秘訣。また、最終目標だけでなく、中間地点となる1週間後、1カ月後、2カ月後……と、「この期間までにこれだけ」という細かい目標を設定しておくのも大切。

大まかな目標だけでは、「今日やらなかった分は明日」なんて先延ばしをしてしまうこともしばしば。リバウンドを克服するためには、地道に毎日の積み重ねをしていく以外方法はなし。しっかりスケジュールを組んで、ダイエットを再開しよう!

おわりに

ダイエット後にリバウンドしてしまった時、取るべき手段3つのご紹介、いかがでしたか?ダイエットが辛い分、リバウンドの幅も大きい傾向があるとも言えるので、無理はし過ぎず、楽しみながら続けられるダイエットを模索するのも解決方法の一つ。

自分に合ったダイエット法を見つけて、次こそリバウンドなしの魅力ボディを手に入れて!

写真:Instagram
文:CELESY Writer 菜都未