ファッションや海外カルチャーなどに目がない子なら既にご存知、Rookie magazineで有名なタヴィちゃんと共に活躍しているSavana Ogburn(サヴァナ・オグバーン)を知ってる?

若干18歳ながら彼女は、フォトグラファーとしてRookieで作品を発表したり、個人で発行できるフリーマガジンZINEの編集長として活動など様々な才能の持ち主。

今回は、そんなタヴィちゃんのライバル?とも呼び声も高い彼女の魅力にフォーカスしていくよ!

Rookie magazineでのフォトグラファーとしての活躍がすべてのきっかけ?

 

さん(@savanaogburn)が投稿した写真 -


アメリカ、アトランタジョージア州出身のサヴァナは、まだ現役高校生。

そんな彼女が注目されるようになったのきっかけは、タヴィちゃんが編集長として発信しているマガジンRookieで、フォトグラファーとして作品をコントリビュートしたのが最初。

それに元々Rookie magazineでは、タヴィちゃんを中心に、同世代のガールズ達でマガジンを作っていて、フォトグラフォーとして参加したサヴァナも元読者の一人。Rookieで紹介される音楽などにかなり影響を受けたみたい。



さん(@savanaogburn)が投稿した写真 -


カラーとユースに溢れたサヴァナの作品の数々。

フォトグラフォーとしてのキャリアを積み上げている彼女の作品は、“カラフル“”ティーン“であること、を強調した写真が多くてとってもキュート!

才能はもちろん、彼女自身がティーンであることも作品に大きく影響しているみたい。インスタグラムや彼女のサイトには数々の人物やものを捉えた写真がたくさんあって、インスピレーションを掻き立てられることも間違いなし。

彼女の才能に惚れ込んだ、メディアも多く、海外でも絶大な支持を誇るカルチャー誌DAZEDや、ビジネスメディアHuffington Postなどで取り上げられたことも。

さん(@savanaogburn)が投稿した写真 -


さん(@savanaogburn)が投稿した写真 -


さん(@savanaogburn)が投稿した写真 -


Svana Ogburn

彼女のアートワークは写真以外にも!

タヴィのライバル?とも呼び声の高い彼女だけに、タヴィを脅かす存在かと思いきや、ライバルとは少し言い難いかも…?

というのも、サヴァナはフォトグラファー以外にも、音楽とアートにフォーカスしたメディアSonic Blumeを立ち上げオンラインとZINEを中心に発信しているの。

そこには、「プロのような景観がなくても音楽を語り合うコミュニティーが作りたい」という彼女の想いがあるみたい。

SNSなどで読者がお気に入りの音楽をシェアできたり、デジタルアクティブなメディアというのも、デジタルネイティブな彼女ならでは。気になる彼女のメディアも要チェック!

さん(@savanaogburn)が投稿した写真 -


公式サイト

インスタグラム

自分の得意分野で活躍する若きクリエイターの彼女は、今後も目が離せないよね。

ますますフォトグラファーとして彼女の作品をみるのが楽しみ。待てない!って子は、現在発売中のRookie magazineバックナンバーでも見られるので、是非一度彼女の世界感に触れてみては?

写真:Instagram & We Heart It
文:CELESY Writer Sarah