もうすぐ待ちに待ったクリスマス。街を歩いていると至る所にイルミネーションがあったり音楽だったり、だんだんとクリスマスっぽくなってきているのを感じるよね。



日本のクリスマスではケーキを食べるのが定番だけどクリスマスの本場ドイツでは伝統的なクリスマス料理としてシュトーレンがあげられるよ。

シュトーレンは日本でいうパウンドケーキのようなもので日本でも売っているところを見かける事はあるけど実際にお家で作っている人は少ないよね。今回はそのシュトーレンを本場に近い味で作る方法を紹介するよ!




材料


強力粉 120g
薄力粉 80g
ドライイースト 小さじ1
無塩バター 40g
砂糖 大さじ1
塩 小さじ1/2
卵黄 1個
牛乳 80cc
レーズン 80g
オレンジピール 50g
ラム酒 ブランデーと合わせて200cc
ブランデー ラム酒と合わせて200cc
ミックスナッツ 48g


仕上げ用


バター 60g
シナモンシュガー 小さじ2
粉砂糖 大さじ1


作り方


バター、砂糖を混ぜ合わせ卵黄を加え混ぜる。ボウルにバターと砂糖を加えてクリーム状になるまで泡だて器で混ぜ合わせる。次に卵黄も加え泡だて器でよく混ぜ合わせる。粉類、イーストを入れ、牛乳を少しずつ加え混ぜる

ボウルに強力粉と薄力粉をあわせて振るいながら加え中央にくぼみを作り、ドライイーストを入れる。牛乳を少しずつ加え粉気がなくなるまで混ぜ合わせる。

生地を台の上にうつし、3分ほど捏ねる。台の上に移し、手のひらで押し出すようにして約3分ほど捏ねる。ボウルに生地を入れラップをして、35度の温度で約1時間発酵させます。 その間にドライフルーツや、ナッツ類を準備する。

ブランデーとラム酒をあわせた保存ビンにレーズン、オレンジピールを漬け込んでく。出来れば1週間前から漬け込むと良い。生ミックスナッツはアーモンド、カシュナッツ、くるみなど組み合わせても、また単品だけでも良い。軽くローストして粗みじん切りにする。

発酵した生地は約2倍ほどに膨らむ。。生地を広げ、お酒に漬けたレーズン、オレンジピールの水気を切り生地に包むようによく混ぜ込み、よく混ざってから次にナッツ類も加える。レーズンやナッツ類は、生地を中に丸めるようにするとやりやすい!

台の上に打ち粉(薄力粉)をふり、生地を手のひらで押して平らにし、23cmほどの楕円形にのばす。生地の2/3を折込み、残りの1/3をかぶせ、折り端は指でつまみ閉じ、形を整える。

天板にオーブンシートを敷き生地のせ、170度に予熱したオーブンで40~50分ほど焼く。焼きあがったら溶かしバターを刷毛を使って全体にたっぷり染みこむようにぬり次にシナモンシュガーを全体にまぶしす。

冷めたら粉糖をたっぷりかけてでき上がり!焼きあがってしばらくたってからの方が味がなじんでおいしくなるよ。冷蔵庫でなく室内においておくのを忘れないでね!

写真:We Heart It
文:CELESY Writer Ayana