シリアと聞いて皆さんが思い浮かぶことって何かな? シリアってよくニュースで耳にする危ない国だと思う人は何人いるのだろう。その危ないというイメージは実は正解で、シリア紛争のためシリアから国外へ逃れたシリア難民と呼ばれる人が430万人以上いるという現実があるの。

*シリアの現状について簡単に解説してくれている動画があるからぜひそちらも見てみてね

そんなシリア難民の主な避難先は近隣国であるトルコ・レバノンなどなのだけれど、難民の増加・財源不足から欧州への非難を目指す人も増えているよう。

自国を出て行かないといけない状況に置かれている人たちがシリアにたくさんいる現実を知り、いかに私たちが恵まれているのか気づかされるよね。

じゃあ、私たちが日本からでもシリアの人たちにできることって何があるんだろう。そのひとつが #Drop Earrings Not Bombs。

これはトルコのイスタンブールで立ち上げられたシリア難民のための事業で、名前の通り、爆弾のかわりにイアリングを落とそうというコンセプトでドロップ型ピアスが売られているの。


このピアスは全てイスタンブールに住むシリア難民が一つずつ手作り。そして売り上げが全額、シリアの人々のために使われるんだって。

一つずつ手作りなだけではなく全てがオーダーメイド。希望のフレームの色と中の色とデザインは自分で選ぶことができるので自分の好みにあったエスニック風の可愛いピアスをゲットすることができるよ。


ピアスの大きさは大と小がありどちらもお値段は一つ15ドル(送料込み)から。もちろん、日本からもウェブサイトで購入が可能。 いろいろな種類のカラフルで可愛らしいピアスはSNSで#DropEarringsNotBombsをチェックしたら見ることができるよ。


日本にいる私たちには想像もつかないシリアの現状。私たちが日本からできることは限られているけど、大事なのはその現状を知ろうとする姿勢じゃないかな。

シリア難民の人たちが作ったピアスを購入してつけることで、このDrop Earrings Not Bombsというプロジェクトがあることを周りに伝えることだけでも、少しはシリアの現状を知ってもらうことに貢献ができると思うの。

今回この記事を通してシリアの現状をみなさんに少しでも知ってもらえたらいいなと思います。もし興味があったらぜひDrop Earrings Not Bombsのサイトをチェックしてみてね。

http://www.dropearringsnotbombs.org

写真:Instagram
文:CELESY Writer Karen