日本ではパクチーの名前で親しまれているコリアンダー。日本ではベトナム料理やタイ料理で使われているイメージが強いけれど、アメリカでは実はシラントロという名前でメキシコ料理や中国料理によく使われているんだよ。

(@george.1018)がシェアした投稿 -


独特なにおいが苦手という人もいるかもしれないけれど、パクチーにはビタミンが豊富に含まれているのでぜひ取り入れたいもの。 今日はパクチーをもっと気軽に取り入れられる方法を提案するね!

さん(@erizou0602)がシェアした投稿 -



ちょっとした飾りに


ちょっとした飾りによく日本では青じそやパセリを使うけれど、少し気分を変えてパクチーを添えてみない?

お刺身のつまと一緒にのせてみたり、パスタの上に少しだけのせてみたり。緑がちょっと足りない時に少しパクチーをのせるだけで料理が色鮮やかになるよ。


細かく刻んで料理のアクセントに


細かく刻んだパクチーをアボガドディップに入れてみたり、餃子やハンバーグのタネに入れてみたりするのもとってもおすすめ!

パクチー独特の風味がお料理の良いアクセントに。匂いが気になるという人も細かく刻んで料理に混ぜるとそんなに気にならないかも?


たっぷり使って料理の主役に


パクチーが大好きな人にはパクチーをメインにした料理がおすすめ。 パクチーをふんだんにつかってパクチーの野菜炒めや、バジルの代わりにパクチーを使ったパクチーパスタなどに。

また生でも大好きという方にはパクチーサラダもおすすめ。サラダにはあっさりとした醤油ベースのドレッシングやポン酢がぴったり。ざっくりと大きめに切って好きなだけパクチーを入れてお好みの野菜と和えて食べてね。

(@aderezocilantropia)がシェアした投稿 -


普段作る料理にパクチーを取り入れるのは実はとっても簡単。パクチーに苦手意識がある人は生ではなく炒めて使うことから始めることをおすすめするよ。

次スーパーに行った時、パセリや青じその代わりにパクチーを買ってみたくなったかしら?

写真:Instagram
文:CELESY Writer Karen