「強い女性」と聞いてみんなは何を思い浮かべる?

子育て?キャリアウーマン?力持ち?みんなそれぞれ「強い女性」のイメージは違うと思う。今回紹介するのはJane the Virgin(ジェーン・ザ・ヴァージン)の主人公。

彼女はありとあらゆる女性の強さをドラマ内で演じているの。普通の見方をしたら、テレノベラドラマ(南米のドラマ)にしか見れないと思うけど、一工夫すればより魅力を知れちゃうかも!

今回ジェーン・ザ・ヴァージンを見たことのある人もない人もより楽しんで見れちゃうポイントを紹介しちゃうよ。


ジェーン・ザ・ヴァージンって??




タイトルからしてハテナマークが出てしまうジェーン・ザ・バージン。

そんな主人公のGina Rodriguez(ジーナ・ロドリゲス)演じるジェーンは、ヴァージンでありながら妊娠してしまう話から始まる。

ジェーンのおなかの子は有名なホテルオーナーのラファエル・・と衝撃続きの作品。

毎回毎回ハプニングがあったり、思いがけないことが連続するドラマはまさにテレノベラの特徴でもあるんだとか?

近頃シーズン4が放送決定したこともあって、楽しみが新たに増えちゃうかも。


キャストにも注目!




ジェーンの親友リナ役を演じるのはNetflixオリジナルドラマOrange Is New Black(オレンジ・イズ・ニュー・ブラック)にも出演しているダイアン・ゲレロ。

オレンジ・イズ・ニュー・ブラックとは、違うダイアンが観れるのもこの作品の魅力の一つ。

ドラマでは、一緒にホテルで働いているジェーンとリナは真の友情を描いてる点にも注目して観てみてね。


ジェーンの魅力とは?




シーズン1で描かれているのは、ジェーンが作家を目指し夢を追う姿。そこで彼女は、学校に通う決心をするものの、自分には子供がおなかにいるという葛藤に出会うの。

でもジェーンは子供を理由に諦めることなく、自分の夢を追い続ける。そんな強い意志のあるジェーンは、夢に向かって一歩ずつ近づきつつ、子育ても恋愛も奮闘しながらも自分の意思を大切に生きて行く姿が垣間みれる。

また、ジェーンははっきりと自分の主張することも忘れない。自分の意見を言いづらいと思っている女の子も多いのはず。ジェーンのありとあらゆる生き方は、まさに強い女性の生き方を表していると思う。

(@cwjanethevirgin)がシェアした投稿 -



役だけでは終わらないパワフルな一面も




ジェーンだけでなく、ジェーン・ザ・ヴァージンではジェーンの母親シオマラも歌手になる夢を追い続ける。

孫ができたとしても、夢をあきらめないことって本当に素晴らしいことだよね。

さらに、ジェーンというキャラクターだけでなく演じているジーナ自身もどうやらすごくパワフルな女性なんだとか。

ジーナはヒスパニックのための活動もしているそう。自分が南米の女優で、あまり評価されないことを世界中に広めたり、NPOの活動などもしているそう。

役だけでなく、私生活でも強い女性であるジーナは今後も注目しなきゃね。



今夢をあきらめようとしている人、今の状況では無理だと思っている人たくさんいると思う。

私自身、このシリーズを見て自分の夢に向かって頑張ろうと思った人の一人。

みんなもジェーン・ザ・ヴァージンを見て少しでも勇気がもらえて、より強い女性になれますように。

写真:We Heart It, Instagram
文:CELESY Writer Rina