海外旅行に行ったら「実年齢よりもひと回り以上若く見られた!」そんな話をよく聞くように、人の実年齢を推測するのは案外難しいもの。

今回は、知るとちょっとびっくりなセレブの年齢を紹介していくよ。


Karlie Kloss
(カーリー・クロス)


モデル界の第一線で大活躍中のカーリー。



大学に通ったり、ビーガン向けクッキー『Karlie's Kookies』を発売したり、女の子のための奨学金制度を設立したりと、モデル業以外でも様々な活動で私たちをインスパイアし続けてきてくれたカーリー。

そんな彼女も今年で25歳。
カーリーの影響力やその活動の幅広さから、「まだそんなに若かったの…」とちょっとびっくりしちゃうよね。


Vanessa Hudgens
(ヴァネッサ・ハジェンズ)


『ハイスクール・ミュージカル』が去年放送10年を迎えたことにもびっくりだけど、主演のバネッサがまだ20代という若さにも驚き。

2017年のティーン・チョイス・アワードでは設立されたばかりの「See Her賞」を受賞して初代受賞者となり、『ハイスクールミュージカル』シリーズが放送されていた当時のティーンだけでなく、現在のティーンからも熱い支持を受けていることがわかるよね。

(@vanessahudgens)がシェアした投稿 -


『ハイスクールミュージカル4』の制作が発表されたばかり。

ヴァネッサが出演するかどうかはまだわからないけれど、今後もティーンからの熱視線は続きそう。

Cory Monteith
(コーリー・モンテース)


年齢を重ねてから高校生役を演じることはよくあること。

コーリーが高校生役として出演したドラマ『glee』が放送がスタートした当時、彼は27歳。



シリーズの途中でコーリーは30歳になり、中には「コーリーは高校生を演じるのには歳を取りすぎている」という声もあったみたい。

けれど、高校生の不安定さとコーリーの繊細な演技と優しい歌声はとてもマッチしていたので、コーリー以外にフィン・ハドソンは考えられないよね。



ちなみに、『Glee』の顧問であるシュースター先生を演じるMatthew Morrison(マシュー・モリソン)と3歳差であるということにも、ちょっとびっくり。


Sasha Pieterse
(サーシャ・ピーターズ)


(@sashapieterse27)がシェアした投稿 -


『プリティ・リトル・ライアーズ』でアリソン役を演じたサーシャは撮影スタート時はなんと14歳。

少しお姉さんの4人に囲まれても堂々としていて、全く違和感がない。

まさしく秘密を持ったミステリアスな女子高生そのもの。



さらに、サーシャはオーディションを13歳で受けていたというから驚き。

大人びた雰囲気をこの歳で醸し出せるなんて、それこそミステリー。

30歳のコーリーも14歳のサーシャも同じ高校生を演じていたけれど、年齢のギャップも演技で軽々とジャンプしたセレブたち。

自分の年齢と照らし合わせてみても面白い発見があるかも!

写真:Instagram, We Heart It
文:CELESY Writer Kanako